ベルタプエラリアってイソフラボンが含有している?口コミでも噂の成分とは

ベルタプエラリアは口コミではなかなか効果が高いとして有名なプエラリアサプリメントです。

でも一方で、なんだかじんましんが・・・という心配なコメントも一部に見られるので、なにかしらアレルギー的な要素もあるのかもしれません。ベルタプエラリアに入っている全成分を客観的にリサーチしてみました。

ベルタプエラリアに含まれている成分とは?

ベルタプエラリアに含まれている全成分は、ベルタの公式ホームページによると次のとおりです。

プエラリアミリフィカ末、コラーゲンペプチド、ザクロ種子エキス、ホースプラセンタエキス、ローズマリー、メリッサ葉乾燥エキス、セントジョーンズワートエキス末、r-アミノ酪酸、ゼラチン、セルロース、トレハロース、ステアリン酸カルシウム、ヒアルロン酸、微粒酸化ケイ素、L-トリプトファン、着色料(二酸化チタン、クチナシ赤色素)

引用 BELTA公式HP

この中でもわかり辛いのが「プエラリアミリフィカ末」というものでしょうか。

プエラリアミリフィカは、実はマメ科の植物です。その中にはイソフラボン、ミロエステトール、デオキシミロエステロール、プエラリンなどが入っています。

つまり、アレルギー物質として表示を推奨されている大豆と同様に、「イソフラボン」というポリフェノールの一種が入っているのです。

ベルタプエラリアに含まれるイソフラボンとは?

ベルタプエラリアの口コミでじんましんが出たという方は、ひょっとするとイソフラボンアレルギーをお持ちだったのかもしれません。

ただ、イソフラボンにもいくつか種類があり、ひっくるめてイソフラボン類とも呼ばれています。

大豆イソフラボンとまったくイコールではないとはいえ、プエラリアはイソフラボン類を多量に含み、その植物性エストロゲン(女性ホルモンと同じような作用を及ぼす成分)の含有量は、一説によると大豆の1,000~10,000倍にも及ぶのだとか。

これだけ多いと、1日摂取上限(400㎎)が決められているのもうなずけますね。

ベルタプエラリアのアップジェルにもプエラリアは入っている

イソフラボン類を含有しているプエラリアは、実はベルタプエラリアの定期便を頼むとセットでついてくる、ベルタアップジェルにも入っています。

口から飲む場合もそうですが、皮膚から浸透する時も、アレルギーがある人なら大変なことになってしまいますよね。自分の普段のアレルギー物質がわかっている場合はもちろんあらかじめ避けることができるので気を付けましょう。

でも、特に今まではなんともなかったという人の場合は、突然アレルギー反応が出ることもあり得ます。

何事もそうですが、最初は慎重に、少しずつの量から試すようにしたいものですね。